部屋を広く見せる工夫

我が家は広さもなく、収納場所も少ないという悲惨な状況です。

部屋を広く見せる工夫

我が家は広さもなく、収納場所も少ないという悲惨な状況です

★ 40歳 女性
我が家は広さもなく、収納場所も少ないという悲惨な状況です。
油断をすると物ばかりになってしまって、部屋にゆったり感がなくなってしまい落ち着けない、ということになってしまうのです。
ですから、なるべく部屋が広く見えるように工夫をしています。
一番気をつけていることは、なるべく家具などの高さを低くするということです。
タンスの上に更に何かを置きたくなってしまいますが、それでは圧迫感が出てしまい、狭い部屋が更に狭く見えてしまいます。
それから部屋の中の柄を、小さなものにするということです。
例えば、同じドット柄でも、小さなドットより大きなドットだと、部屋が狭く見えてしまうのです。
目の錯覚を利用するということです。
本当は無地の方が部屋は広く見えるのですが、たまには柄物がないと部屋のインテリアが単調になってしまいます。
ですから、アクセントとして柄物が欲しい時に、このテクニックを使うと良いかもしれません。


Copyright(c) 2017 部屋を広く見せる工夫 All Rights Reserved.