部屋を広く見せる工夫

初めて一人暮らしをした時は、あまりお金がなかったので狭い部屋でした。

部屋を広く見せる工夫

初めて一人暮らしをした時は

★ 24歳 女性
初めて一人暮らしをした時は、あまりお金がなかったので狭い部屋でした。

でも、とにかく独立した事が嬉しかったのを覚えています。
部屋を広く見せるために工夫したのは、収納を一定の高さにそろえることです。
私はとても機能的で気に入っていたある収納があったので、それの高さに揃えて合わせました。
そうすると、収納はたっぷりあるのに、部屋は広く感じるのです。
ついでに高さは一緒なので、上に物を置くことも出来ます。家具同士が同じ高さなので、家具と家具をまたいで置くような、横長の物も置くことが出来ました。
これはとても楽でした。

そして、床に物を置かないことと、出来るだけ折りたためるもの、という風にしました。
例えば、ベッドは折りたたみ式のものにしましたし、椅子も机の下に入れられるようにしていました。
今は、もう少し稼げるので、いくつか部屋のあるマンションに移り住みましたが、あの時にやったことは今でも活きています。


Copyright(c) 2017 部屋を広く見せる工夫 All Rights Reserved.