部屋を広く見せる工夫

私の家はダイニングとリビングがつながっている洋室タイプの間取りですが、広く見せるために気を使っていることは、ダイニングとリビングの間に、間仕切りとなるような家具は置かない

部屋を広く見せる工夫

私の家はダイニングとリビングがつながっている洋室タイプ・・・

★ 38歳 女性
私の家はダイニングとリビングがつながっている洋室タイプの間取りですが、広く見せるために気を使っていることは、ダイニングとリビングの間に、間仕切りとなるような家具は置かないということです。

例えば、ソファーや棚はなるべく壁際におき、障害物をなくすようにしています。そうすると、視覚的にも動線的にも二つの部屋の間を遮るものがないため、広く感じられます。また、棚なども最低限しか置かないようにしています。
よく言われるのが、置く場所を作ってしまうと、それを埋めようとついつい物を買ってしまいがちで、結局物がどんどん増えて片付かなくなるということです。
物が増えないように、最低限の棚に入る分だけ持つようにしています。それ以上買いたい場合は、その分捨てるようにすると、物が溢れかえらず、いつも整理していられ、結果的に部屋を広く保てます。
また、観葉植物は場所も取るし、世話も大変なので置いていません。その代わり殺風景なのも寂しいので、樹木やお花のウォールステッカーを貼り、楽しんでいます。


Copyright(c) 2017 部屋を広く見せる工夫 All Rights Reserved.