部屋を広く見せる工夫

部屋を広く見せるには、物を置かないというのが一番だと思っています。

部屋を広く見せる工夫

部屋を広く見せるには、物を置かないというのが一番だと思・・・

★ 43歳 女性
部屋を広く見せるには、物を置かないというのが一番だと思っています。
元々一人暮らしで、色々なところに住みましたが、やはり都会では、どうやっても家賃との兼ね合いで、狭いところにしか住むことは難しいです。

狭いながらも、快適に暮らすにはどうすればいいかというと、目に見えるところのものを減らすのがベストです。
備え付けのクローゼットなどに、なるべく入るものは入れてしまって、収納スペースも最大限に活用して、箪笥や引き出し、本棚など、後から置く家具を少なくすると、奥行きが出てすっきりと広く感じます。
テーブルも折りたたみのものなどにすれば、必要な時だけ出してあとは仕舞えるので、見た目も広く感じます。ベッドなども、折りたたみや布団にすれば、寝る時以外は仕舞っておけます。
そうやって、なるべく物を置かずに、必要な時に出すという感じにすると、とてもすっきりと広い部屋に住んでいる感覚になります。工夫するのが大切だということを、とても感じます。


Copyright(c) 2017 部屋を広く見せる工夫 All Rights Reserved.