部屋を広く見せる工夫

もう同じ歳くらいの友人が部屋に訪ねてくるということもほとんどなく、部屋を整理整頓するということも全くなくなりました。

部屋を広く見せる工夫

もう同じ歳くらいの友人が部屋に訪ねてくるということもほ・・・

★ 78歳 男性
もう同じ歳くらいの友人が部屋に訪ねてくるということもほとんどなく、部屋を整理整頓するということも全くなくなりました。
そんな中でも部屋を広く見せる工夫としては、無駄な家具や衣料品、家電なども、全部押し入れに突っ込んでしまう、というのがいい方法だと思います。
今は、子供部屋に畳を敷いて、そこにエアコンをつけて寝泊まりしています。4畳程しかないので、かなりの狭さです。
そこにベッドを置いていますので、ほとんどそれだけで部屋はいっぱいになってしまいます。
その為、いらないものは押入れに整理整頓するのが、賢い部屋の作り方だと思います。下に畳が敷いてあると、家具などがちょっと高い位置にあるように見えますので、それだけでも少し広く感じると思います。
それから窓は塞いでしまうことです。
窓があると広く感じる気もしますが、うちでは逆でアルミサッシが圧迫感があります。なので、雨戸を一日中締め切っていますが、その方が広々して見えます。


Copyright(c) 2017 部屋を広く見せる工夫 All Rights Reserved.