部屋を広く見せる工夫

部屋を広く見せるには、一部屋を物置にするのが得策ですが、ワンルームなどのように、その一部屋が自由にならないお宅も多いかと思います。

部屋を広く見せる工夫

部屋を広く見せるには

★ 35歳 女性
部屋を広く見せるには、一部屋を物置にするのが得策ですが、ワンルームなどのように、その一部屋が自由にならないお宅も多いかと思います。事前に収納がきちんとある物件を選択するのが賢明ですが、それでも住んでいるうちにどんどん荷物は増えていき、スペースが足りなくなるおそれがあります。
部屋を広く見せるには、人間の視覚を利用することです。
家具や雑貨などは白を基調にすること、また外と唯一繋がりのある窓際には、余計なものを置かないことです。
予め決められた空間ですが、窓から外に繋がる景色によって広がりを見せることが出来ます。
また、家具の高さはなるべくでこぼこにならないように統一させることで、広がりが生まれます。全て目の錯覚ですが、この錯覚が部屋を広く、風通しの良いものにするのです。

ソファーなどは、底面が収納にもなる2WAYタイプのものを選び、床は物が置けないように敢えて土足にするなど、斬新なアイデアが物を少なくさせる原動力になることもあります。


Copyright(c) 2017 部屋を広く見せる工夫 All Rights Reserved.